コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

太田公明党元代表、浜四津氏の椅子奪い参院選に出馬

前回の総選挙で落選した太田昭宏氏が来年行われる参議院選挙に東京選挙区から出馬することが公明党から正式発表された

先の総選挙で落選し代表を辞任した太田氏は池田大作氏の計らいで新設された全国代表者会議議長に就任。代表の辞任会見では会見に同席した北側一雄公明党幹事長(当時)とともに次回総選挙への出馬の意欲を見せたが太田氏の年齢から出馬の際に党の規約である

66歳定年制度

公明党の内規では、議員在任中に66歳を迎えないことを選挙の公認条件としている。

に抵触するため事実上政治家活動を引退し全国代表者会議議長に就任したものとばかりと思った

実際、太田氏と同じ歳で公明党の元代表で閣僚経験のある浜四津敏子氏は公明党から党の66歳定年制度を遵守するよう言われ政界を引退をきめた経緯があるしかし10月に発売された週刊新潮ではいち早く太田元代表の参院選出馬をスクープ記事としてとりあげ

浜四津氏の引退=太田氏の出馬の為の布石と記載した。
その時の公明党の反応は

事実無根

という反応だった。元々、週刊新潮の記事については職場の先輩から以前、内容を鵜呑みにせず真偽半々で読めと言われた事がある。
かつては一年かけて継続連載された
池田大作名誉会長のレイプ事件であるがこの特集記事はマスメディアの年間の大賞を受賞したドキュメンタリーとして扱われた反面裁判では週刊新潮側が厳しく断罪される結果となった

それ以外にも?と思えるような記事や池田大作氏の計らいで新設された全国代表者会議議長に就任した事もあり、記事の内容には半信半疑であった

しかし今回の正式に出馬をするという公明党の発表に「やっぱりな」という感覚があった

10月に私は創価学会の友人N氏と会い色々な話をした。その中でもちろん上記太田氏の問題を話した。
その時の学会員の友人の反応はこうだった

友人N氏「浜四津氏の引退や公明党の定年制度については余り良く分からない。定年制度を遵守したなら遵守した。遵守せず出馬したならそれを有権者がNOと言えば言いそれだけの事。ただ高齢の政治家が60、70になっても政治家にしがみつくのはいかがなものか。太田氏も同様だと思う。もっと若い人間が政治の舞台に行くべきだろう、また政治家の資産が多すぎる。長妻大臣ではないが数百万円程度の資産の方がもっと多く議員にならないとダメだろう」

と話していた。

彼の話は別としてちょっと太田昭宏氏のwikiを見て見た。以前とは違いやたらこじんまりしたもの(かなり削除された部分が多い)となった。
中でも気になったのがこの内容

しかし公明党は66歳定年制度を独自に設けているが次回総選挙の日程によっては同氏は66歳を超えてしまうため公認してしまうと66歳定年制度を遵守し政界引退をした浜四津敏子元公明党代表との違いが浮き彫りとなる。そのため創価学会婦人部、女子部幹部や公明党幹部からは例外を認めると若手政治家の育成が滞り党の規約が空洞化してしなう危険性を指摘し太田氏の出馬に慎重な意見も出ている

私が読んで見て要約するとこの2点

・浜四津氏(定年制を遵守し引退)と太田氏(定年制を無視し出馬)の違いが浮き彫りになる点

・創価学会婦人部、女子部幹部や公明党幹部からは例外を認めると若手政治家の育成が滞り党の規約が空洞化してしなう危険性を指摘し太田氏の出馬に慎重な意見も出ている点

であろう

前者はだれが見ても一目瞭然だが後者は学会内部の方がリークしたのではと思える内容だとおもう

確かに創価学会の女子部や婦人部は浜四津さんの評価は非常に高く女子部、婦人部では同じ女性という事もあるのか太田代表(当時)より浜四津代表代行の方が人気があるとゴシップ誌が書いていたのを覚えている

しかし池田大作氏の秘蔵っ子とまで言われた太田氏の出馬に対し上記定年制度を理由として出馬にNOを叩き付ける事が出来る勇気ある学会員は今いるのだろうか

否、池田大作氏に言いなりの学会員は多少内輪で文句を言う事はあっても正面きって文句をいえる勇気のある人間はいない。

そう私は考える

ただ今回は公明党の制度問題も絡んでおり簡単に党が出馬OKを認めても学会員の反発もあるだろうと読んだ党が
その反発に先手を打つかのごとく早々と内定を決めたと言うことだろう。

結局以前書いたように男尊女卑と言う傾向が消えないのだろう。

創価学会の主要幹部は全て男、女性の主要幹部は存在しない。
公明党の男性議員は定年制度を例外視できるが女性議員は定年制を遵守させられ遵守しない場合は矢野元委員長や竹入元委員長の様に創価学会を上げて非難のターゲットとなるのは必至

私は創価学会が政教一致や政教分離を守れと言うのはどうでもよいがそれ以前に男尊女卑の思想体制を改めるべきだろうよ。それが出きないときは亡き牧口、戸田会長に申し訳がたたないと池田名誉会長はわびるべきではないかな

とにかく太田氏は全国代表者会議議長の座にいる事が望ましい。今からでも遅くないから政界を引退し若い後任議員のために道を空ける事が一番必要だろう
スポンサーサイト

テーマ : ニュース
ジャンル : ニュース

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

公明党って・・・

66歳定年制度なんて有ったんですね ェェェΣ(゚Д゚,,)
他の某老人党にも定年制度を導入してもらいたいですね
ヾ(≧▽≦)ノギャハハ

でも、選挙の公認条件みたいなので、無所属で当選したら
当選後は党員として迎えるんでしょうけど (´・ω・`)

では、恒例のポチッと。。。
このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

ノーザン

Author:ノーザン
年齢は30代のおっさん
日頃はごくフツーの会社員
土日は競馬好きに変身。
最近は日常のニュースを自身の視点で切りまくり。
コメント大歓迎です

秘書のペンギン君です
緊急です。IE7にバージョンアップしてからPCの不調、特にキーボードの不調が頻発しています
FC2カウンター
FC2ブログランキング
いい話だと思ったらぽちっと1クリックお願いします

FC2Blog Ranking

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2投票
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。